« NHK出演 | トップページ | 長井勝一 漫画美術館 »

2007/03/08

静岡おでんの宵

事務所でお世話になっているしりあがり寿さん (静岡出身)に連れられ、しりさんの義弟、タカマサさん(静岡出身)と落ち合い、下北の静岡おでんやEXCELLO しずおか屋へ。
タカマサさんは静岡市の産業振興などにたずさっておられて、市の関係者もあと2人同席。(もちろん静岡出身)
しりあがりさんの実弟、sonyのヒデさん(静岡出身)も加わって、場はまさに静岡天国。
プロダクトデザイナーの酒井俊彦さんも同席されていたのだけど、 酒井さんは高知出身。私は京都出身。
郷に入れば郷に従え!静岡おでんの食べ方を一から習ったってもんよ。
Oden01_1
Oden02_1 静岡おでんって、いわゆるチビ太のおでんのモデルとも言われてて、串にささってんのね。
それをセルフで取ってくる。お勘定は串の数、ってワケ。
で、ダシが黒い。具は黒はんぺんが有名かな。半月型の魚のつみれ。あと牛スジね。
これにダシ粉と青のりをたっぷりかけて食べる。お好み焼きかよ!って思うのは関西人の証かしら。
ツウは串をなにげに床に落として…って、それ犯罪!勘定詐欺!
ま、もう大人なんでやらないんだけどね。子供のときはやってたらしいよ。
おでんは味がしみしみで美味しかった!
あと、静岡ならではのつまみ「たたみいわし」や「ゆで落花生」もいっしょに。
ゆで落花生の殻ならいつまでもチューチューしてられるって、被災地にもこれあれば文句なしって、静岡県人、恐るべし!

そして、それぞれ一線で活躍している大のおとなたちの議論の的は…
『ハナミズはハナクソとどう違うのか?』
私がヘタなこと言うと、「ハナクソに失敬だろ!」と叱咤され、
次の議題「涙はどうして塩っぱいのか?」に移行。
もちろん、科学的な答えをする者などなく、帰りまで延々と笑いの渦・渦・渦。
言っておきますけど、皆さん世間的にはそーとーなキレ者なんですよ。
頭のイイ人は何やっても面白い。
そんな子供みたいな大人たちと飲める時間が、とても大切なモノに思える、今日この頃ナリ。

|

« NHK出演 | トップページ | 長井勝一 漫画美術館 »

コメント

私も静岡出身!(沼津ですけど)
でもおでんって
そうだったっけえええ?な感じなんですぅ。
うちのはごく普通だったし
近所のもごく普通だったなぁ。
沼津は東京寄りだから関東風なのかも?
でも静岡パワーだったんですね~~~。

投稿: 和田 | 2007/03/09 00:17

そっか!和田さんも静岡ですよね。
なんか一番搾りで佐藤浩市がハフハフ食べてたのも、静岡おでんらしいですよ。
その時期にスーパー行ったら、一番搾りとタイアップで紀文が黒はんぺん出してました。
でも所によって違うんですねぇ。

投稿: みみこ | 2007/03/09 11:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252319/5612748

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡おでんの宵:

« NHK出演 | トップページ | 長井勝一 漫画美術館 »