« 『怪奇ハンバーグ男』制作現場 | トップページ | GX100-マクロの素晴らしさ »

2007/05/10

RICOH Caplio GX100を買った

Gx100_2 Caplio GX100を買っちゃいました。
カメラ好きならモノ萌えするGR digitalの、ズーム機能搭載版と言ってもいいこの機種は、4/20に出たところ。
もともとは海外旅行用の、コンパクトで何も気にせずバシバシ撮れる記録用デジカメを買いにビックカメラへ行ったんだけど、まんまと萌えに負けてこんなカスタマイズな機種を買ってしまいました。

今までに、写真を撮ってて一番ストレスだったのが画角の狭さ。
これ以上うしろに下がれない、けど建物が全部入らない~!なんてことは、ままあること。
だから、今度は絶対広角レンズのカメラが欲しいと思ってたところ、コイツはなんと24mmの超ワイド!
おまけに72mmまでの光学ズームもできる。 カスタマイズの操作感もバッチリ。
でも、最近のデジカメには標準装備の動画機能はどうなんだ?
なんだかんだで動画機能も使いたいじゃない。
なになに?最大640×480の30フレーム、しかもAVI形式!
頼もし~!キメッ!

しかしなんだかムカッパラなのは、ビックカメラのお兄さんにGX100の動画機能を聞いたとき、ちょっと「クスッ」って笑われたこと。
そりゃさー、写真をきれいに撮るために開発されたこのカメラで、動画撮る人なんていないだろうよ。
でもね、立派な機能が搭載されてんだよ。
そんなこんなで、私はこのGX100の動画機能が気になってしょうがなくなってしまった。

Everio なので、敢えて静止画ではなく動画をアップしてみます。
それも、動画用に開発されたハードディスクムービー「Victor EVERIO GZ-MG505」と比較検討です。
右手にEVERIOを持ち、左手にGX100を持って、同時に録画スタート。
両方とも設定はデフォルトで、一番ワイドな画面で撮りました。
さて、結果は?

動画アップの際に勝手に圧縮されるので、生データとは言えないけど、画角の違いは明らか。
やっぱEVERIOは動画用だけあって、露出の自動補正などはなめらか。そして音をよく拾っている。等身大の生々しい感じが伝わってくる。
GX100は少し画面がザラつく。けどパースの効いた広角っぷりはなんだかドラマティック。色も鮮やか。夜も明るい。
好みにもよるけど、GX100の動画も以外といけるんじゃん!?って感じ。
今はGX100用のワイドコンバージョンレンズを買うかどうか迷い中。
それ付けたら19mmの超ワイドだよ。スゴイよ。どうしよう~。

今後、ちゃんと写真もアップしますね。

■GX100_機関車

■EVERIO_機関車

■GX100_階段

■EVERIO_階段

■GX100_夜の道路

■EVERIO_夜の道路

|

« 『怪奇ハンバーグ男』制作現場 | トップページ | GX100-マクロの素晴らしさ »

コメント

ああ、ホントに買ったのか!
デジタルになる前のGR1sを持っていて、
非常にステキなカメラなんですけど、
広角だけって、腕がないとムズカシイ……。
その点、デジタルだとズームできるからいいですよね。
うらやましい、うらやましい。

投稿: manza | 2007/05/10 04:18

何度も躊躇したあげく買ってしまいました。
manzaさん、GR1s持ってるんですか!
デジタルになる前っていうのが気骨を感じますね。

投稿: mimico | 2007/05/10 11:33

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RICOH Caplio GX100を買った:

« 『怪奇ハンバーグ男』制作現場 | トップページ | GX100-マクロの素晴らしさ »