« 国際ぬり絵シンポジウムの打ち合わせ | トップページ | ぬりえBOXのデザイン入稿 »

2007/06/27

ぬりえ8月 脱稿

Hamabenouta『うたうぬりえ帖 8月』(風塵社)のイラストがすべてアップしました。
画像は『浜辺の歌』をイメージしたぬりえです。
「♪明日浜辺をさまよえば 昔のことぞ忍ばるる〜」という小学校でも習うあの歌です。
左下の花はハマヒルガオ、女性の髪に飾られてるのはハマナスで、どちらも浜辺に咲く美しい花。
浴衣は金魚柄にして夏気分を盛り上げてみました。
このぬりえの横に、歌詞や歳時記の文章が付いて本になります。

この8月分を描き終えて、ようやく1年分12冊が揃います!長いようで短かった!
箱入りのセットになって来月には本屋に並びます。

昨晩、ぬりえ作業ももうあとひと踏ん張り…という所で、ちょっと一息入れようと冷蔵庫をのぞくと、目に入ったのはユンケル…。
いざという徹夜作業のときの為に、ユンケル黄帝ロイヤルという2,000円くらいするのを奮発して買っておいたのですが、長い間そのままに。
「今飲まずしていつ飲む!」と1年間のぬりえ作業の終盤を飾るがごとく、勢い良く飲み干す。
心の中でホラ貝吹いて、いざ出陣!

…でも実際作業を始めると30分で終わってしまいました。
アレ?2〜3時間はかかると思ったんだけどな?
未だに自分が読めない私です。

以外とあっけないラスト。
しょうがないので雀がチュンチュン鳴き出すまで、DSで英語漬けをやってしまいました。
結局ゲームの為のユンケルかよ!

あとは、ぬりえ12冊が入る箱のデザインを仕上げると、すべて揃う事になります。

|

« 国際ぬり絵シンポジウムの打ち合わせ | トップページ | ぬりえBOXのデザイン入稿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252319/6944922

この記事へのトラックバック一覧です: ぬりえ8月 脱稿:

» そらいろ新聞:ミゾソバの塗り絵 [ほぼ日刊そらいろブログ新聞]
湿地などに生えるミゾソバです。 塗り絵に加工してみました。 でも、ママコノシリヌグイかな? 種類は... [続きを読む]

受信: 2007/07/06 19:36

« 国際ぬり絵シンポジウムの打ち合わせ | トップページ | ぬりえBOXのデザイン入稿 »