« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007/06/27

ぬりえ8月 脱稿

Hamabenouta『うたうぬりえ帖 8月』(風塵社)のイラストがすべてアップしました。
画像は『浜辺の歌』をイメージしたぬりえです。
「♪明日浜辺をさまよえば 昔のことぞ忍ばるる〜」という小学校でも習うあの歌です。
左下の花はハマヒルガオ、女性の髪に飾られてるのはハマナスで、どちらも浜辺に咲く美しい花。
浴衣は金魚柄にして夏気分を盛り上げてみました。
このぬりえの横に、歌詞や歳時記の文章が付いて本になります。

この8月分を描き終えて、ようやく1年分12冊が揃います!長いようで短かった!
箱入りのセットになって来月には本屋に並びます。

昨晩、ぬりえ作業ももうあとひと踏ん張り…という所で、ちょっと一息入れようと冷蔵庫をのぞくと、目に入ったのはユンケル…。
いざという徹夜作業のときの為に、ユンケル黄帝ロイヤルという2,000円くらいするのを奮発して買っておいたのですが、長い間そのままに。
「今飲まずしていつ飲む!」と1年間のぬりえ作業の終盤を飾るがごとく、勢い良く飲み干す。
心の中でホラ貝吹いて、いざ出陣!

…でも実際作業を始めると30分で終わってしまいました。
アレ?2〜3時間はかかると思ったんだけどな?
未だに自分が読めない私です。

以外とあっけないラスト。
しょうがないので雀がチュンチュン鳴き出すまで、DSで英語漬けをやってしまいました。
結局ゲームの為のユンケルかよ!

あとは、ぬりえ12冊が入る箱のデザインを仕上げると、すべて揃う事になります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/06/26

国際ぬり絵シンポジウムの打ち合わせ

先週の話になりますが、第一回国際ぬり絵シンポジウム の打ち合わせへ行ってきました。
4月末あたりにも書いたのですが、私はこのシンポジウムに出る事になっているのです。
お昼の会食で、豆腐のおいしい銀座『梅の花』へお呼ばれしました。

浜松医科大学名誉教授の高田明和氏ぬりえ美術館館長の金子マサ氏、主催の日本ブレインヘルス協会の理事長さんなどと、お食事をしながら色々お話しさせていただいたのですが、これがとても有意義な時間でした。
現在の日本のぬりえ事情から始まり、
海外のぬりえ事情、美術教育の概念、ぬりえの起源や、
わく線をとるという日本画独自の手法と洋画の違い…などなど、
様々な学術的なお話が飛び交い、とても興味深いお話にどんどん引き込まれました。
まだまだお話は尽きなかったのですが、時間となりましたので解散。
金子マサさんに蔦谷喜一さんの新刊ぬりえもお土産にいただいて嬉しい限り。
(金子マサさんはきいちさんの姪っ子さんです。)

本番当日、自分の講演はさておき、他の方のお話がとても楽しみになりました!
私はと言えば、現場発の生の声を中心に紹介・考察させていただこうと思っています。
当日はなんと!英語の同時通訳も付くそうですよ!
さすが『国際』ぬり絵シンポジウム。
各国からのぬり絵も集まってるそうです。

私が出演するのは7/15。
新宿で開催されますので、よろしければどうぞ。
詳しくはHPへ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/06/17

ナンシー関さんを偲ぶ会

Nancy 昨日、渋谷の台湾料理屋でナンシー関さんを偲ぶ会がありました。
私はナンシーさんのオフィシャルサイト『ボン研究所』のデザインをさせていただいており、
同じくサイトの管理をしているプラスワンデジタルの社長と一緒に、会に出席させていただきました。

もう亡くなってから5年経つのですね。
スタンプ葬にも出席させていただきましたが、あれからそんなに…。早いです。

会は、およそ60名ほど集まって大賑わい。
清水ミチコさん、鈴木慶一さん、山田五郎さん、松尾貴史さん、吹越満さん、川勝正幸さん、渡辺祐さん、安斎肇さん、敷島関、パラダイス山元さん、なんきんさん、朝倉世界一さん、藤井千夏さん…
などなどの面々が、ナンシーさんの写真を囲んで楽しく思い出話をし、飲んでいる。
こんなステキな法事、ホントにいいですね。

私も大好きな方達がたくさんいらっしゃったので、ワクワクしてしまいました。
個別にお会いする機会があったとしても、一堂に会するなんて、そうそうないですよ。
やっぱナンシーさんはスゴイ!

消しゴム版画で、誰を彫ったか分からない作品がファイリングしてあって
分かったら人名を書き込めるようになっていたのだけど、
これだけ人が揃うと、何かと書き込みがされていて面白かったです。
「カナダの大統領」とか。そんなの私なら分かんない。
中でも「本人確認済み、私が頼んで彫ってもらいました」という、清水ミチコさん本人の書き込みには笑いました。
ご本人が言うんだから、間違いない!

Seal そして良かったのは、ナンシーさんのWebを立ち上げた時にお借りしていたままだった消しゴム版画を、
ようやく妹さんの元へお返しする手はずができたこと。
今日、返す荷造りをしていたら、当時いただいたカラーシールが出てきました。
ご本人がパソコンで作成したと思われる、貴重なものですね。
これ、使わずに取っておきます。イヤ、使うのが本望かな。

最近フツーにTV見てたりして、誰か死んだとか言うと、
ナンシーさんならなんて言うかなー、とか思っちゃいます。
みんなの心にいつまでもナンシーさんを!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/06/02

北尾トロさんの本の装丁

1北尾トロさんの新刊の装丁仕事がアップしました。
新刊の名は『ぶらぶらヂンヂン古書の旅』(風塵社)。
左がアップしたばかりのカバーデザイン。
私がイラストとデザインをしています。
カバー以外にも、表紙、帯、扉、本文用イラストなどのデザインをやりました。
「キャラクターを描く時に、北尾さんをイメージして」と出版社から言われていたので、ひと苦労。
やっぱ似顔絵になってもいけないし、似なくてもおかしいし…。
なので、表紙は後ろ姿です。(笑)
帯にはでかでかと顔が入りますけど。
個人的には、本文用のイラストで、ラーメン食べてるヤツが好きです。

そんな新刊の内容は…
オンライン古本屋『杉並北尾堂』の店主でもある北尾トロさんが、全国の古本屋をぶらりぶらりとめぐる、楽しいエッセイです。
7月初め頃には書店に並んでるかな?見てね。

この前作にあたる『ヘンな本あります―ぼくはオンライン古本屋のおやじさん2』の装丁デザインも私がさせていただいております。
これはイラストを描いてから、切り抜いて机に立てて、仮想の街を作り、写真撮影しました。なんか手間がかかったけど楽しかったデス。
こちらもヨロシク。

ヘンな本あります―ぼくはオンライン古本屋のおやじさん2 Book ヘンな本あります―ぼくはオンライン古本屋のおやじさん2

著者:北尾 トロ
販売元:風塵社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


トロさんと言えば、『裁判長!ここは懲役4年でどうすか』が30万部の大ヒットですってね。
数年前、キャンプへご一緒したのがトロさんとの出会いでした。
ライターのトロさんもいいけど、アウトドアのトロさんも、なかなかステキなのですよ。

裁判長!ここは懲役4年でどうすか Book 裁判長!ここは懲役4年でどうすか

著者:北尾 トロ
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『うたうぬりえ帖』7月

Utau7_1 そろそろ店頭に並ぶ頃でしょうか。

うたうぬりえ帖〈7月〉

・われは海の子
・夏は来ぬ
・むすんでひらいて
・たなばたさま
・うみ
・ほたる
・花火
・金太郎
・汽車
・瀬戸の花嫁
・知床旅情
・金魚の昼寝

夏らしい12曲ですね。
あと残すところ8月号を仕上げれば、12ヶ月分全部揃う事になります。
もう一息だなぁ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『うたうぬりえ帖』6月

Utau6_1気がつけば、もう6月。
アップし忘れていましたが、うたうぬりえ帖〈6月〉発売しております。

・アカシアの雨がやむとき
・てるてる坊主
・雨降りおつきさん
・かたつむり
・あじさいてまり
・雨
・君忘れじのブルース
・牛若丸
・野崎小唄
・あめふり
・かえるの合唱
・あの子はたあれ
の12曲で綴るぬりえ帖です。

梅雨でじめじめし始めるこの時期、おうちでぬりえ、なんてのがちょうどいいかもしれません。
是非どうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »