« 北尾トロさんの本の装丁 | トップページ | 国際ぬり絵シンポジウムの打ち合わせ »

2007/06/17

ナンシー関さんを偲ぶ会

Nancy 昨日、渋谷の台湾料理屋でナンシー関さんを偲ぶ会がありました。
私はナンシーさんのオフィシャルサイト『ボン研究所』のデザインをさせていただいており、
同じくサイトの管理をしているプラスワンデジタルの社長と一緒に、会に出席させていただきました。

もう亡くなってから5年経つのですね。
スタンプ葬にも出席させていただきましたが、あれからそんなに…。早いです。

会は、およそ60名ほど集まって大賑わい。
清水ミチコさん、鈴木慶一さん、山田五郎さん、松尾貴史さん、吹越満さん、川勝正幸さん、渡辺祐さん、安斎肇さん、敷島関、パラダイス山元さん、なんきんさん、朝倉世界一さん、藤井千夏さん…
などなどの面々が、ナンシーさんの写真を囲んで楽しく思い出話をし、飲んでいる。
こんなステキな法事、ホントにいいですね。

私も大好きな方達がたくさんいらっしゃったので、ワクワクしてしまいました。
個別にお会いする機会があったとしても、一堂に会するなんて、そうそうないですよ。
やっぱナンシーさんはスゴイ!

消しゴム版画で、誰を彫ったか分からない作品がファイリングしてあって
分かったら人名を書き込めるようになっていたのだけど、
これだけ人が揃うと、何かと書き込みがされていて面白かったです。
「カナダの大統領」とか。そんなの私なら分かんない。
中でも「本人確認済み、私が頼んで彫ってもらいました」という、清水ミチコさん本人の書き込みには笑いました。
ご本人が言うんだから、間違いない!

Seal そして良かったのは、ナンシーさんのWebを立ち上げた時にお借りしていたままだった消しゴム版画を、
ようやく妹さんの元へお返しする手はずができたこと。
今日、返す荷造りをしていたら、当時いただいたカラーシールが出てきました。
ご本人がパソコンで作成したと思われる、貴重なものですね。
これ、使わずに取っておきます。イヤ、使うのが本望かな。

最近フツーにTV見てたりして、誰か死んだとか言うと、
ナンシーさんならなんて言うかなー、とか思っちゃいます。
みんなの心にいつまでもナンシーさんを!

|

« 北尾トロさんの本の装丁 | トップページ | 国際ぬり絵シンポジウムの打ち合わせ »

コメント

みみこさんが、
ボン研究所のデザインだったのですか!!
私は1読者でした。
今もいろんなことが起こったり
TVでアホな番組があったりすると
ナンシーだったら何て言ってくれるのかなぁ?と
その不在を本当に残念に思います。
あんなにも純粋で潔い文章は
誰か他で読むことはできないですね。

投稿: 和田 | 2007/06/23 09:27

そう、そうなんです!純粋で潔い文章…。
誰か後を継いで欲しいと思うくらいです。
絵もステキだったなぁ〜…。

投稿: | 2007/06/23 21:43

ナンシー関さんを検索していて
ここにたどり着きました。
ナンシーさんの面白さに気づいたのは、
ご逝去なさってからなんです。
孤高の才能は惜しまれて余りありますね。

今、消しゴム版画はどうなっているのでしょう。
以前聞いたことですが、ご遺族が
消しゴム版画の遺作群を管理・保存してくれる
団体等に寄贈をお考えだそうで。
えのきどいちろう氏が2~3年前にラジオで語っていた話・・・。

埼玉県の大宮には漫画会館があります。
漫画と消し版はちょっと毛色が違いますけど、
明治時代の漫画の原画とか保管してるから、
消しゴムの保管だってできるんじゃないかと思うのですが。
もし市民や市議会議員が希望すれば
今でも譲っていただけるのでしょうか。

投稿: 大宮人 | 2011/02/12 02:48

大宮人さま

今、消しゴム版画がどうなっているかは私には分からないのですが、寄贈などの件でしたら、ナンシーさんのオフィシャルwebを管理されている会社にお尋ねすれば、ご遺族へ伝わることもあるかと思いますよ。
「ボン研究所」で検索されると、オフィシャルwebが出てきます。

それにしても、惜しい方が亡くなったと思いますね…。

投稿: mimico | 2011/02/13 12:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252319/6816624

この記事へのトラックバック一覧です: ナンシー関さんを偲ぶ会:

« 北尾トロさんの本の装丁 | トップページ | 国際ぬり絵シンポジウムの打ち合わせ »