« 2007年8月 | トップページ | 2007年11月 »

2007/09/30

『MacPeople』11月号 発売中

Macpeople20070929 現在発売中の『MacPeople 11月号』(ASCII)でイラストを描きました。
『特集5:Let' Enjoy!! ブログパーツ』のトビラです。
ブログパーツって使った事なかったんだけど、
このイラストの依頼をいただいてから調べたら、いろいろあるんだな〜と実感。
後学のため、このブログにはNHK時計を埋め込んでみました。
これもブログパーツなんですよ。
やっぱ木目調がイイやね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『月刊シニアビジネスマーケット10月号』発売中

Seniorbussines現在発売中の『月刊シニアビジネスマーケット10月号』(綜合ユニコム)の『編集部が選ぶこの一冊』というコーナーで『うたうぬりえ帖』を取り上げていただきました。
インタビュー形式で、少しお話しさせていただいてます。
1ページの記事になっています。
よろしかったら、どうぞご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/26

今日のぬりえ『インランド・エンパイア的 構図』

070926_2

遅まきながら、デイヴィッド・リンチの新作映画『インランド・エンパイア』を観てきました。
ひとことで言うと、コワイ!オソロシイ!
も〜何度も鳥肌が立って泣きそうになりました。

“超難解”“実験的作品賞受賞”“…夢?”など、様々な前振りを聞いていたので、さぞやワケワカランのだろうと覚悟して行ったのですが、
覚悟が人より大きかったみたいで、
思ったより断然ストーリーがあって、妙にリアリティを感じる作品に思えました。

何がリアリティかって、「日常に潜むひずみ」みたいなモノ、
時間軸とか人の怨念とか、そういうものがひずむと、
実際こんなことになっちゃうんじゃないか、
イヤ、本当はなってるんじゃないか、
今私が手に取っているのは、本当に赤いクレヨンなのか、
カメと私はどちらが早いんだ、
みたいな、自らの存在を疑うような、それでもココにいる自分、ていうリアリティってあるじゃないですか。
ちょっと分かりにくいけど、「なんか、そーゆーのありそー」と思わせる怖さがありました。

前作『マルホランド・ドライブ』も実在の地名で、ハリウッドの劇中劇ネタ。
映画の現場って、例えそれが演技でも、毎日色んな人が生まれたり、恋したり、死んだりしてる訳で、
確かに“人の情念”ってモノが渦巻いてそうだなぁ、と思う。

あ、そうそう、この映画をDVDでとか、TV放映を待って…と思っているなら
映画館に行った方がいいですよ。
私個人としては、『マルホランド・ドライブ』を映画館で観て、
さらに謎解きをしてやろうと思ってDVDを買ったのですが、まだ1回も観てないですもん。
やっぱ3時間トイレにも行けない感じで観るのがイイ!
ホントはハリウッドの試写室で観るのが一番いいのかも。(コワ〜!)

そして『インランド・エンパイア』を観てて気付いたのが、ドアップの構図。
顔の、ちょうど眉毛から唇くらいまでが、ギリギリフレームに入ってる。
オデコとアゴはちょん切られてるのね。そして眉間にシワ。
『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』みたいな下から煽った構図じゃなくて、割と正面顔に近い感じで。
この構図が多用されてて、おまけに手持ちでDVカム(sony PD-150)で撮ってるもんだから、
画面は揺れるわ、暗闇では粒子は粗いわ、で、
被写体の気持ちが伝わってくるようで、なんかドキドキした。

そんなこんなで『今日のぬりえ』は、その構図だけをいただきました。
モデルはもちろん、私です。コワイですね。
リンチ作品に出てくる俳優のイメージになれば…と思ったけど、
映画を観てる時の私は、きっとこんな顔だったろうな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/09/25

今日のぬりえ『福田 新総理誕生』

070925_2

今日9/25は中秋の名月。
綺麗に晴れてまんまるお月様が見られました。
今までの確率で言えば、晴れるのは3年に一度くらいらしいですね。
ほぉ〜。今年はアタリ?嬉しいねぇ。

そんな風光明媚な夜に、新総理が誕生、新内閣が発足しました。
そんなこんなで福田さんの顔を、否が応でも良く見ることになるのだけど、
福田さんって、いつ見ても鼻の下、長いですよね。
そんでもって唇うすっ!
そのせいか、いつでも含み笑いしてるように見えて、人の反感買うんじゃないかな。
きっと、損してますよ。
お葬式とかで、遺影の前であの含み笑いされると、
「ふざけてんのか?コラーッ!」って言いたくなるでしょ。
周りも言えないだろうけど。

そんなもんで、「新総理は福田康夫に決定!」と、会見した今日なんかは
いつもより、もっと鼻の下が長く見えたモンです。

今日のぬりえは、中秋の名月にかけて、新総理の福田さんにうざぎの着ぐるみを着てもらいました。
月と言えば、うさぎとモチ。これからどんなモチをつくのかな?
一緒にモチをついたり、丸めてくれる人は決まった、と。
しかし、どんなモチをついてくれるか、ですよね。
さて、もう国民は美味しいモチじゃないと満足しないんじゃないかな?

なんてな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/21

北尾トロさん講演会

明日、三省堂 神保町本店のイベントにゲストでちょこっと出ます。
この本の装丁デザインをやりました。
お近くの方はどうぞ〜。

**********************
風塵社『ぶらぶらヂンヂン古書の旅』刊行記念
北尾トロさん講演会「古本についてぶらぶら語ろう」

フリーライターであり、ネット専門の古本屋店主である著者が、全国各地へ出掛けては古本屋を訪問していった旅の顛末。ストレスなし、計画性なしのオフビートな古書店めぐり。

【日時】
  2007年9月22日(土) 開場14:30 開演15:00
  (終了は16:30頃を予定しております)

【会場】
  三省堂書店神保町本店 8階特設会場
  ※8階特設会場へは、正面入口側エレベータをご利用ください。

本書をお買い上げ・ご予約のお客様先着100名様に
1階レジカウンターにて整理券を配布しております。
講演終了後、サイン会を行います。

【お問い合わせ】
  三省堂書店 神保町本店 03-3233-3312(代) 10:00〜20:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/16

今日のぬりえ『森村泰昌』

070915

横浜美術館『森村泰昌-美の教室、静聴せよ』展に行ってきました。
今日9/15は
『放課後:校庭は宇宙の彼方へ』と題した新作映像上映会があり、
森村泰昌氏本人が来てトークイベントがあるので、どうせ行くならこの日を狙っていたんです。

この日で正解!
本展の面白さもさることながら、イベントの方では、ヴェニスの個展でしか発表していないという新作映像が見れて楽しかったです。
あと、やっぱり作者本人の声や意見が生で聞けるのは感慨深いもの。

というワケで、今日のぬりえは、そんな新作映像に感銘を受けたので、
映像に登場した、いろんな人に扮する森村泰昌氏を描いてみました。
もともと女優や名作絵画の登場人物に扮した写真が作風の森村氏ですが、
新作映像では三島由紀夫、レーニン、ヒトラーに扮して、勢いのある演説を見せてくれました。

レーニンのは、本物の大阪の日雇い労働者を登場させて、
森村氏扮するレーニンの周りに結集、演説に拳を上げさせていました。

ヒトラーのは、ヒトラー本人というよりも、チャップリンの『独裁者』のパロディ。
映画『独裁者』の中でも、でたらめドイツ語で演説するシーンがあるけど、
森村版では、でたらめ大阪弁というか、オゲレツな日本語を関西弁風味でもって、ドイツ語風に(?)熱弁していました。
これが…もう…すごく面白かったです。

三島由紀夫のは、様々なところで議論を醸し出しているようですが
私はやっぱり森村氏の芸術に対するメッセージにうなずいてしまいます。
ハチマキが「七転八起」なのもたまりませんし、
熱弁のわりに道を行き交う人は誰も聞いてない…という最後のオチも、
美術界の行く末の不安に一石投じてて、好きです。

「笑いは、人類を救えるかもしれない。(中略)それが出来るのが芸術家。」
「やっぱり芸術を信頼している」
と話していた森村氏。
私も一緒に叫びたい。
「永遠の芸術、万歳!」


そして、このぬりえを描いてて感じたのは、
森村泰昌は、既成の絵画や人物をパロディにしてる。
その作品を、また“ぬりえ”という形に昇華してパロディにしてる私…。
なんだか劇中劇のような、ミョーな感覚。
3人いるけど、ぜーんぶ森村泰昌を描いてるんですね。
ぬりえの線画が持つ“ウソくささ”が、うまく生きる題材ではないかと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/09/12

今日のぬりえ『安倍総理 辞任表明の夜』

070912

突然ですね、安倍総理の辞任表明。
今日9月12日14:00からの、会見の生中継を見ていたのですが
生放送のテロップって面白い。

最初『突然の辞任表明!』と端っこに出ていたテロップが、
そのうち『涙目で会見』に変わったり。
え?と思って安倍総理をよく見ると、ホントにうっすら涙目。…のような?
これって誰がどのように判断して指示してるんだ?
「安倍さんが泣き出したぞー!テロップ変えろー!!」
「はいー!いま打ってます!」とか、裏は大変なのかしら。
生だけに間違った判断は許されないはず、見てる方も緊張感が走る。

結局、安倍さんの目から涙がこぼれる事はなかったが、こみあげるような仕草は何回かあった。
まぁ、人前で泣く訳にはいかんよな。
ていうか、会見は泣くところじゃないし。
じゃあどこで泣くんだろう…?
うちに帰っても、奥さんの前でって訳にもいかないだろうし、
きっと1人でお風呂に浸かってる時あたりに、うるっと来たりして…。
タオルで空気包んでボコボコッとかやってると、妙に虚しいのよ…。

そんな私の妄想で、今日のぬりえを描かさせていただきました。
あくまで妄想です。お許しを。

しかし狭いお風呂だな〜。ウチみたい!(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/09/11

今日のぬりえ『阿久悠』

070911_2

8月1日に亡くなった、作詞家・阿久悠さんをしのぶ「阿久悠を送る会」が9月10日に行われたそうです。

思えば、昭和の歌謡史を振り返ったとき、彼なしでは語れないでしょうね。
「歌は世につれ、世は歌につれ」という言葉が浮かびます。

昔の歌を懐かしんで、よく“昭和歌謡”という言い方がされるけど、
なにか独特のニュアンスを持ってますよね。
こう、高度成長期のあの頃、大家族でちゃぶ台を囲んで、
足付きのTVを皆でかじりつきで見てるような、
そんな土臭いというか汗臭い親しみを感じちゃいます。

平成の昨今では、そんなニュアンスを逆手に取って(というかリスペクトを込めて?)
若い歌手がお洒落にクラブなんかで“昭和歌謡”ナイトをくりひろげてたしする。
そう“昭和歌謡”は、今やブランドになったんですね。
そんな“昭和歌謡”というブランド作りに、阿久悠は一役も二役も買って出た、
ってコトなんでしょうなぁ。

イヤ、昭和歌謡、大好きなんですよ。
ということで大好きだった、ピンクレディ、ジュリー、山本リンダ、尾崎紀世彦を背景に描いてみました。
みんな阿久悠の作詞で大ヒットを飛ばした歌手ばかり。
時代を作るって、そうとうキャッチーな仕事の仕方してきたんだろうなぁ。

う〜んやっぱスゴイなぁ。合掌。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/09/10

今日のぬりえ『エアギター』

070910

7日に行われた第12回エアギター世界選手権で、
ダイノジの大地が優勝2連覇を達成したそうですね。

エアギターのパイオニア金剛地武志
“得点を争うエアギター”を引退宣言したそう!残念。

ということで、ぬりえの中で夢の共演をしてもらいました。
さてそうなると曲は何になるんだろう?
フラメンコギターのデュオとか見てみたいけどな。
2人堺すすむとか?なーんでか!

しかし、ナカナカ本気でふざけることは難しい。
そんで、世界一が2回も続けてってスゴイね!
それが何の重みにもならなさそうでウラヤマシイ〜。
来年も、双肩にエアーのように軽いプレッシャーを背負って、優勝を目指してください!

このトラ柄トレーナーは通販で買えるそう。みんな買おう!

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007/09/09

敬老の日にぬりえを

9/17(日)は敬老の日です。
敬老の日に大人向けぬりえのプレゼントはいかが?

季節のうたを月別に集め、歌詞とそのイメージのぬりえを楽しめる『月別 うたうぬりえ帖』は、
1月から12月まで12冊セットハコ入り!<セット定価¥ 15,120(税込)>
施設などで揃えるととても便利だと思います。
また、プレゼントされる方のお誕生日月のぬりえを差し上げるのもステキですね。

もっと気軽に…という方は『うたうぬりえ帖(上・中・下)』。<各¥ 1,575(税込)>
季節や時代は関係なく、ランダムに昔のいろんな曲のぬりえが載っています。
これに対応したCDが『うたうぬりえ盤』<¥ 5,040(税込)>。
CDも上・中・下に対応した3枚組です。

ハガキサイズで楽しめるのが『 絵手紙ぬりえ帖(1・2)』<各¥ 840(税込)>。

『 童謡・唱歌ぬりえ帖(1〜5)』<各¥ 1,365(税込)>は、流行歌をあえて避け、
童謡・唱歌のみを<明治篇><大正篇><昭和篇>に分けて収録したぬりえ帖。

『名曲のぬり絵』<¥ 1,000(税込)>は、誰もが知ってる名曲を集めてぬりえにしました。

どれも『うた』と『ぬりえ』が組み合わされ、
みんなで歌いながら、昔を懐かしみながら、楽しんでぬりえができるようになっています。
歌ったり、昔を思い出したり、色を選んで手を動かすことが、
脳の活性化にも効くと、医学的にも証明されています。

是非1冊、どうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

今日のぬりえ『パバロッティ』

070908_2

今日のぬりえは、6日に亡くなられた世界三大テノールの、ルチアーノ・パバロッティです。
年齢を聞いてビックリ。
71歳ですって?見えない…。
黒々とした髭のせいでしょうか。(ぬりえの際は黒にお塗り下さい。)
おでこはイイカンジにつるっとしてるんですけどね。

72年のN.Y.メトロポリタン歌劇場の公演で、2オクターブ上の「C(ド)」が何度も連続する「連隊の娘」(ドニゼッティ作曲)のアリアを熱唱、「キング・オブ・ハイC(高いドの王様)」とたたえられたそうです。
…でも生で聞いたことなかったな。
やっぱ尾てい骨に響くような歌声なのかな。


ぬりえの背景に飛んでるのはペンネ。
そう、イタリアのパスタのペンネです。
スパゲティよりもお洒落でしょ?

パバロッティさん、ペンネの穴を覗いたことがありましたか?
穴の向こう側はどんな風に見えましたか?

…私には、まだボンヤリして見えません。

ご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/08

今日のぬりえ『台風9号の猛威』

0709079

“今日のぬりえ”を始めてみました。
こういうのは頑張っちゃイケナイんだよな。
“毎日やります!”とは言いません。
気が向いたら描いてアップします。
もいっちょ気が乗った時は色付きのもあるかも。

今日のぬりえは『台風9号の猛威』です。
昨日の台風、怖かったですね。
各地に爪痕を残して去っていきましたね。
ボロ屋のうちなんか、スキマ風がピューピュー、いや、ゴーゴー吠えてて、うるさくて眠れませんでしたよ。
ある意味、自然とともに暮らしてる感じ?

でももっと自然とともに暮らしてる、多摩川のホームレスさんは大変だったみたいですね。
「寝てたら布団が浮いてた」とか言ってましたもんね。
布団ごと移動するなんて、ドラえもんかシンドバッドくらいしか出来ないんじゃないか。

中でもネコと共に流されてたおじさんは、どこか達観してましたね。
首まで泥水に浸かりながら、遠い目。
じっと手も上げずに、遠い目。
遠く涅槃が見えていたのでしょうか。
その後、おじさんもネコも無事救助隊に助けられたそうですが。

ともかく、このニュースを流したNEWS ZEROは「ネコ2匹」と報道してたけど、よく見たら3匹。
3匹いるっちゅーの!
なぜかそこが一番気になった今宵でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年11月 »