« <お墓散策>08.08.08 雑司ヶ谷霊園 | トップページ | ロシア・アヴァンギャルド展 »

2008/08/11

<お墓散策>08.08.10 谷中霊園

Cat
いよいよ谷中霊園である。
古い墓地ゆえに、期待感のようなものも高まる。
今日は、曇り空で気温もいくぶん低く、体力の温存も期待できる。
が、昨日はサマソニで朝7時くらいから深夜0時まで炎天下で音楽三昧、
その前日は、雑司ヶ谷霊園のあと、深夜4時くらいまで呑んでて寝てないので、実は朝からクタクタ。
まぁ、曇りでよかった。

今日は、トントンさんとマタンゴもいっしょ。
みんなで歩くと楽しい。
墓地にはなぜか猫が多く、猫好きマタンゴと盛り上がる。
「うわ~デブ猫~!」「ブス猫ー!」「体つきがヘン~!」「コイツ、血を吸いそう~!」
ヒドイ我々は、本当に楽しくシャッターを切った。

Udon
お昼は谷中ぎんざ商店街のかみやうどんへ。
オヤジがいかにも江戸っ子風、常にしゃべっていて、
かき揚げざるうどんを頼んだのだけど、「天ぷらは塩でな」。
名物レタスうどんを半ば無理やり頼まされたトントンさんは
「胡椒で遊んでみたかい?」なんて言われてる。
多々うるさくはあるのだけど、一口食べて閉口。
うまい!
つけ汁はダシが効いてて澄んだ関西系。麺もこしがあっておいしい。
なんといっても、かき揚げがサクサクのアツアツで、ボリューム満点。
食後は、蕎麦湯ならぬうどん湯でダシを割ってくれ、それがまたお澄ましのようで美味しい。
オススメです。

Senbei
谷中は、江戸情緒がかおる町並みがそのまま残ってる感じで
うちの近所では見かけない、せんべい屋さんや、お惣菜やさん(駄菓子屋のような店構え!)や、ちょっとした甘モノを買い食いできるようなお店がたくさんあり、歩いてるだけで楽しかった。

谷中墓地では、横山大観、上田敏、川上音二郎などを拝み、
徳川将軍の広大な敷地を遠目に見ながら帰路へ。

帰りに、4人で羽二重団子へ。
坪庭に滝が流れてて涼しげ。座敷に上がってくつろぐ。
ここの団子は、平たく丸い餅が串に4つささってて、焼き醤油、こしあんの2種ある。
どちらも美味しかった。

駄弁ってるうちに5時になったので、場所を居酒屋へ移す。
1杯だけ呑んで、お先においとま。
久々のマタンゴとゆっくり呑めなかったのは残念だけど、
そのまましりあがりさんの事務所へ向かう。

事務所へ行くと、お子さんのKちゃんも来ていて、帰りにみんなで韓国料理屋へ。そこでも1杯。
さて、いよいようちに帰ろう、と言うとき、ものすごい勢いで雨が。
びしょ濡れになりながら、自転車で帰宅。

なんだかガテン系な夏です。

同日の腹巻オヤジの日記→

|

« <お墓散策>08.08.08 雑司ヶ谷霊園 | トップページ | ロシア・アヴァンギャルド展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: <お墓散策>08.08.10 谷中霊園:

« <お墓散策>08.08.08 雑司ヶ谷霊園 | トップページ | ロシア・アヴァンギャルド展 »