« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008/12/30

年末の何気ない日記

年末というのは、ただでさえ慌ただしい。その慌ただしさを波立たせるような事柄に出逢ってしまうのも、また年末らしい。

私は今日、焦っていた。忘年会に間に合わない、と。旗めくマフラーが顔をしばくのを直す余裕もなく駅に向かって自転車をすっ飛ばしていた。
あぁ、こんな時ほど人混みを疎ましく思う時はない。行き過ぎる人、向かって来る人、全てが、道を阻むパズルのコマのようだ。「ジャマ、ジャマなんだよ!」と心の中でのみ、大声で叫ぶ。

そんなとき、不意にひときわでかいコマが目の前に現れて、私は反射的にそれをよけた。
一瞬何か、ザワザワッと心が波立った。
1、2、3秒、めぐらせた。あ、あ…
「あ、今の、私を轢いた人だ…!」

忘れる事もない数年前、私は自転車で家の近所を散歩中、車にはねられた事があり、今すれ違った人はまさにそのときの運転手のおばさんだった。
幸い私の怪我は軽く、数週間腕が上がらない程度で済んだものの、その時のおばさんの対応が妙にイヤな感じで、後味の悪いものとなっている。
後味の悪いのはそれだけではない。おばさんの顔である。顔というのは時と場合によっては罪なものだと思う。おばさんは、“アンパンマン”とあだ名がつけられそうな小柄でふくよかなタイプ、なのに髪は往年のW浅野を意識したような前髪ちくわのふわふわロング、極めつけに眉毛が海苔を貼ったように太く濃く描かれている!容姿のすべてがチグハグで、まるでイタズラで眉毛を描かれた柴犬のよう。
轢かれた瞬間、こっちは歪んだ自転車の車輪と共に道路にほっぽられて、気が動転しまくってるワケ。そこにまた動転した眉毛柴犬のおばさんが、心配顔で覗き込んでくるワケ。つぶらな瞳で。で、またおばさんが態度一転で「私は悪くない」みたいなことを言い出すワケですよ、そのベットリした眉毛ひくつかせて。アンパンマンみたいな顔で。え?もう私どうしたらいいんですか?どーしろっちゅーの?
こっちは痛いやらなんやらで笑うにも笑えず、眉毛柴犬のおばさんとマジメに示談の話をしたものだったが、顔というのは罪なもんですね。

その眉毛柴犬おばさんと、今、すれ違ったのだ。間違いない。間違えようもない。
おばさんは片手で自転車を押し、カゴいっぱいにスーパーの袋を入れていたように思う。年末年始の買い出しだろう、ご近所さんだったのね。
眉毛柴犬おばさんにも、生活があって、家族があって、年末が来て、年始が来るのね。紅白見たり、おもち食べたりすんのね。あたりまえだけど。
そんなこと思ってなんとなく振り返ると、もう、おばさんの姿はなかった。
ザワザワと、慌ただしい年末と年末が、たくさんすれ違ってゆくだけだった。

そういや、この街に暮らし始めてもう10年以上になる。
ご近所さんに轢かれるというのも、なんだか街に馴染んできた一環?そんな風にも思えるこの年末。大家さんにリンゴをもらえるくらい、仲良くもなった。

忘年会の帰り、前に借りるかもしれなかったアパートの前をふと通ってみた。
もう暗くて、何が何だか分からなかった。
あそこには帰りたくないな、帰らないだろう。
今の家で良かった、スキマ風が入るけど、まぁあったかいし、眠りたいし、帰りたい。来年もココで始めるんだと、そんな気になった年末でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/12/21

朝日新聞に『著名人のお墓を歩く』が紹介

081220asahi

昨日2008年12月20日の朝日新聞夕刊に、私が撮影した本『著名人のお墓を歩く』(風塵社)が紹介されました。あきやま談も少し載っています。しりあがりさんの4コマの並びって言うのもなんかスゴイ。嬉しいです。
お墓ブームの一環のような書かれ方をしているのですが、ホントにブームになってくれればいいのにな。

そう言えば先日、この本を見たと言う某TV会社の方からお電話を頂いて、“お墓を歩く”TV企画にあきやま出演の相談があったのですが、聞けば墓石のうんちくなどが必要とされてるよう。私は街歩き的にタモリ倶楽部のようになら出演できるかもしれないけど…墓石屋さんがいてさ、タレントが2,3人いてさ、タモリさんがいてさ、もうひとり…くらいの感じなら。お、図式出来上がったね。
ま、きっと他の人で撮影が進んでる事でしょう。本だけでも紹介されたらいいのにな。と、ここで言ってみたりしておく。

そんなこんなで、年末です。バタバタしてますが、年始はもっとバタバタしそうです。
でも忙しいってある意味シアワセなのかも。なのなの。かもかも〜。

※この記事が、asahi.comでも紹介されています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/12/03

『さるハゲ ロックフェス'09』オフィシャルサイト オープン!

Sarufes09_image

しりあがり寿プレゼンツの幻のロックフェス『新春!(有)さるハゲロックフェスティバル'09』がついに一般解禁!
もともとはしりあがり寿事務所“さるハゲ”の関係者が音楽を披露する“社内行事”だったんだけど、第3回にして場所をロックの殿堂・新宿LOFTに移し、チケットも一般発売してなんだかスゴイことになっている!
ネオGSバンド「ザ・ファントムギフト」のナポレオン山岸氏やブルースの町田謙介氏、伝説のコアバンド「SUPER JUNKY MONKEY」のメンバーだったかわいしのぶ氏ら百戦錬磨のプロミュージシャンも登場すれば、マンガ家の卵がゆるく楽器演奏する「チンネンマンネン」や魚の解体ショー+テクノなど、驚異のドシロウトまでが一堂に会するってんだから、てんやわんやだね。巷で話題の腐葉土芸人など吉本のお笑いも登場ってか?お祭りだね。祭の夜だね。
いや〜新年は新宿ロフトがアツい!

私も以下の物に出演しまーす。
「COSMIC7」(ベース)/「親戚」(ベース)/「バナナシスターズ」(ウクレレ&ボーカル)。あと「カンジズ」って幹事バンドでもちょこっとやりまーす。
ぜひぜひ見に来てね〜!

っつーワケで、フェスサイトをつくったよ!って実は半月前からオープンしてるんだけど、見てね。
チケットも各プレイガイドで発売中!もうちょこちょこ売れてるらしいよ。

それから、このイベントを語ったしりあがり寿氏と河井克夫氏の対談が、LOFTのサイトに載ってます。
これ読んで、出る方なのになんかホント楽しみになりました。是非、ご一読を!
記事はコチラ →

『ほぼ日』でも紹介されてます。 コチラ →

『新春!(有)さるハゲロックフェスティバル'09』
2009年1月17日(土) 17時開演、27時(AM3時)頃終演予定
会場:新宿LOFT
チケット:前売2500円、当日3000円(+ワンドリンク)
チケットぴあ:Pコード309-572 →webから買う
ローソンチケット:Lコード78975 →webから買う
イープラス: →webから買う
新宿LOFT:電話03-5272-0382 
各所にてチケット発売中!

さるフェスオフィシャルサイトはコチラ →

| | コメント (2) | トラックバック (0)

CD『punctual?』発売

Punctual_ja

少し前の日記に、私がデザインしたCDとして紹介した、『時刻表の音楽 -山手線のために-』萩原佳明さんのCDがまたまた発売。
『punctual? - 山手線10周分を同時に聴くメトロポリタン・アンビエント・ドローン -』(税別 1,000円)。

こちらもまたジャケット、ブックレットなどもろもろデザインさせてもらいました。
分かりにくいけど、ジャケットに山手線の写真を使ってるんですよ。ウラは、ピッタリウラの位置にウラ返しになってます。というのも『punctual』というのが『時間通りの』の意で、CDの内容もそこに則しているんですが、デザインも多少その匂いが伝わればイイな、と。ブックレットも開いて、是非中も見ていただければイイな。

内容は、オフィシャルサイトをご覧下さい。
1曲のみ、60分30秒、というある意味ものすごくイサギヨイCDです。
よろしかったら是非。

余談ですが、『時刻表の音楽 -山手線のために-』は、2ヶ月連続で円盤のチャートで1位ですって。すごいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »