« 朝日新聞に『著名人のお墓を歩く』が紹介 | トップページ | 「さるハゲロックフェス'09」終了〜♪ »

2008/12/30

年末の何気ない日記

年末というのは、ただでさえ慌ただしい。その慌ただしさを波立たせるような事柄に出逢ってしまうのも、また年末らしい。

私は今日、焦っていた。忘年会に間に合わない、と。旗めくマフラーが顔をしばくのを直す余裕もなく駅に向かって自転車をすっ飛ばしていた。
あぁ、こんな時ほど人混みを疎ましく思う時はない。行き過ぎる人、向かって来る人、全てが、道を阻むパズルのコマのようだ。「ジャマ、ジャマなんだよ!」と心の中でのみ、大声で叫ぶ。

そんなとき、不意にひときわでかいコマが目の前に現れて、私は反射的にそれをよけた。
一瞬何か、ザワザワッと心が波立った。
1、2、3秒、めぐらせた。あ、あ…
「あ、今の、私を轢いた人だ…!」

忘れる事もない数年前、私は自転車で家の近所を散歩中、車にはねられた事があり、今すれ違った人はまさにそのときの運転手のおばさんだった。
幸い私の怪我は軽く、数週間腕が上がらない程度で済んだものの、その時のおばさんの対応が妙にイヤな感じで、後味の悪いものとなっている。
後味の悪いのはそれだけではない。おばさんの顔である。顔というのは時と場合によっては罪なものだと思う。おばさんは、“アンパンマン”とあだ名がつけられそうな小柄でふくよかなタイプ、なのに髪は往年のW浅野を意識したような前髪ちくわのふわふわロング、極めつけに眉毛が海苔を貼ったように太く濃く描かれている!容姿のすべてがチグハグで、まるでイタズラで眉毛を描かれた柴犬のよう。
轢かれた瞬間、こっちは歪んだ自転車の車輪と共に道路にほっぽられて、気が動転しまくってるワケ。そこにまた動転した眉毛柴犬のおばさんが、心配顔で覗き込んでくるワケ。つぶらな瞳で。で、またおばさんが態度一転で「私は悪くない」みたいなことを言い出すワケですよ、そのベットリした眉毛ひくつかせて。アンパンマンみたいな顔で。え?もう私どうしたらいいんですか?どーしろっちゅーの?
こっちは痛いやらなんやらで笑うにも笑えず、眉毛柴犬のおばさんとマジメに示談の話をしたものだったが、顔というのは罪なもんですね。

その眉毛柴犬おばさんと、今、すれ違ったのだ。間違いない。間違えようもない。
おばさんは片手で自転車を押し、カゴいっぱいにスーパーの袋を入れていたように思う。年末年始の買い出しだろう、ご近所さんだったのね。
眉毛柴犬おばさんにも、生活があって、家族があって、年末が来て、年始が来るのね。紅白見たり、おもち食べたりすんのね。あたりまえだけど。
そんなこと思ってなんとなく振り返ると、もう、おばさんの姿はなかった。
ザワザワと、慌ただしい年末と年末が、たくさんすれ違ってゆくだけだった。

そういや、この街に暮らし始めてもう10年以上になる。
ご近所さんに轢かれるというのも、なんだか街に馴染んできた一環?そんな風にも思えるこの年末。大家さんにリンゴをもらえるくらい、仲良くもなった。

忘年会の帰り、前に借りるかもしれなかったアパートの前をふと通ってみた。
もう暗くて、何が何だか分からなかった。
あそこには帰りたくないな、帰らないだろう。
今の家で良かった、スキマ風が入るけど、まぁあったかいし、眠りたいし、帰りたい。来年もココで始めるんだと、そんな気になった年末でした。

|

« 朝日新聞に『著名人のお墓を歩く』が紹介 | トップページ | 「さるハゲロックフェス'09」終了〜♪ »

コメント

なんかいいですね!
何もない日常だけど視点を変えるとドラマチックだったりしますよね。
みみこさんの街に対する愛着と優しい視線を感じました。
…にしてもアンパン海苔オバチャンは爆笑です☆
また会うかもですね~。

投稿: mu | 2009/01/03 00:01

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年末の何気ない日記:

« 朝日新聞に『著名人のお墓を歩く』が紹介 | トップページ | 「さるハゲロックフェス'09」終了〜♪ »