« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010/02/14

イベント出演告知『お墓日和 』

最近お墓ネタばかりですみません。(笑)
今度、東京カルチャーカルチャーのお墓系イベントに出演することになりました。

歴女でもなく(学生の頃は歴史が苦手)、パワースポットなどにも興味がなく(オーラ関係の番組は見ない)、オカルト方面に精通してるわけでもない、ボンヤリしたごくフツーのフリーランスの私が、たまたま誘われて著名人のお墓巡りを始めたら…わー!こんな! えー!あんな! へー!そんな!
お墓巡りをして感じたコト、面白かったコト、墓前でのエピソードなどなど、実際に行った時の写真をスライドショー形式で見ながら、ゆる~いカンジでお話します。
墓マイラーとしては新参者の私ですが、良かったら皆さんで情報交換しましょう!会いに来てね~!

---------以下カルカルサイトより---------

『お墓日和 vol.1 ~墓マイラーたちと美墓デザインの世界~』

2010年3月13日(土)
Open12:00 Start13:00 End15:30(予定)
東京カルチャーカルチャーにて
前売り券1500円 当日券2000円(飲食代別)
前売券はイープラスにて絶賛発売中!

【出演者】あきやまみみこ(「著名人のお墓を歩く」著者)
カジポン(世界の墓マイラー/「世界恩人墓巡礼」管理人)
ペトロ・ホリー(チェコセンター局長)
【司会】テリー植田(東京カルチャーカルチャー・プロデューサー)

カルカルの大人の好奇心系イベントが新しくスタート!
お城めぐり、仏像マニア、歴史好きにつづいて今年のお墓めぐりブームの火つけ役イベントとなるか?!お墓トークイベント「お墓日和」がブーム到来より半歩早く開催。
「著名人のお墓を歩く」著者のあきやまみみこさん、世界の墓マイラーで「世界恩人墓巡礼」管理人であるカジポンさん、チェコの墓マイラーのペトロ・ホリーさんらにお墓参りの魅力を存分に語ってもらいます。そして、21世紀のデザイン墓と言われる驚きの「美墓」もいちはやく紹介。本当によいお墓を建てるための心得などを伝えます。史上初のお墓トークライブをお見逃しなく!
これで、あなたも今年は、墓マイラーに!?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/02/13

『仏事ガイド』に出ています

とうとう専門誌にまで登場です。
2/10発行の『仏事ガイド』の巻頭特別インタビューとして、墓マイラーあきやまみみこが11ページ語っています。きゃ~!コレすごくない?え~、何を語ってるかと言いますと、お墓への思いや、自身の仏事体験などなどを、と書いてあります…!わーお。同年代でこの本の巻頭はなかなかナイでしょ。ナカナカ貴重でございます。
タイトルは「霊園は生命の力に満ちた場所でした」。ナニナニ、小見出しは…「全部で300人のお墓を巡りました」「お墓はその人に会いに行ける場所」「大好きだった祖母の死」「自分のお墓は日当たりの良い場所に」ですか。読んだ方によると、なかなか面白く興味深く読めたそうです。
年3回発行の『仏事ガイド』、霊園案内や、墓地一覧、石種図鑑、お墓の豆知識、葬儀社リストなど、“これからお墓を建てよう!”と考えている人には本当に頼りになる実用書。個人的には石種図鑑に興味津々。良かったら買って読んでみてくださいませー。

Butsujiguide

『仏事ガイド No.71 2010上半期号』(六月書房)1,000円(税込)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/02/12

坂本龍馬のお墓

今年の大河ドラマは『龍馬伝』ということで、実家の京都へ帰ったついでに、話題の坂本龍馬のお墓や銅像、碑などの関連地めぐりをしてきました。
とにかく街は龍馬一色!というほどでもないけど、例年に比べて盛り上がってる感はアリ。ちょっとした龍馬祭りですよ。

■坂本龍馬・中岡慎太郎の銅像 ↓
場所:円山公園の橋を渡って奥のほう
四条河原町から行くと、祇園や八坂神社を抜けて行けるので、観光がてらイイ。銅像がでかい~(人と比べて!)。中岡慎太郎は坂本龍馬と共に暗殺された人。Ryouma01

↓ 坂本龍馬のお墓へ向かう道すがら、いろんな龍馬的看板が。『龍馬祭』は、誕生日でもあり命日でもある11/15なんだって。何やるのかしらん?個人的には幕末維新ミュージアムの「新撰組にへんし~ん」が気になるが、時間の都合で行ってない。誰かアップして。Ryouma03

■維新の道(碑) ↓
場所:霊山護国神社に向かう参堂
お墓(霊山護国神社)に向かう上り坂にある。結構しんどい。ココでくじける人いると思う。

Ryouma02

■霊山護国神社 ↓
境内には、背丈より大きい龍馬の肖像画。そして福山(NHK)のポスター(右端)。軽く祭り。

Ryouma04

↓ お墓の領域に入るのに300円いる。そして入口には龍馬グッズ。祭り。Ryouma05

■坂本龍馬・中岡慎太郎のお墓 ↓
場所:霊山護国神社の上のほう
ここにたどり着くまでの石段は険しいゾ!諦めたくなる気持ちを試しているのか?龍馬よ!ゼーゼー登りきるとちょっとした広場になっていて、小さな鳥居と石碑が見えてくる。円山公園で見た銅像のミニチュアもある(右端)。ちっさ~!周りにもいろんな志士の墓碑がたくさん。平日の午前中でもひっきりなしに人が来る。祭りだなぁ。
Ryouma06

↓ 鳥居をくぐると坂本龍馬、中岡慎太郎のお墓。お花が絶えない。Ryouma07

↓ お墓から望む京都市内。遠くに大文字も見える。Ryouma08

■池田屋騒動の跡(碑) ↓
場所:河原町三条東入ル北側 明治屋の隣
近藤勇ら新撰組が襲撃した旅館・池田屋の跡地。最近この『池田屋』という居酒屋ができたみたい。人通りの多い場所だけど、足を止め、立て札を読む人も割といた。Ryouma09

■酢屋(碑) ↓
場所:三条木屋町下ル一筋目西入ル北側 VOXビルの通り
龍馬が暗殺の3日前まで滞在した宿で、海援隊京都本部が置かれていた所。今は1階が木工芸のお店。2階は龍馬関連のギャラリー。割とひっそり。高瀬川付近に関連地多し!Ryouma10

■土佐稲荷 ↓
場所:酢屋から数筋下がった蛸薬師通り北側 餃子の王将の隣
土佐藩が祭られた神社で、中に入ると小さな龍馬の銅像が。ここにも祭りが。Ryouma11

■坂本龍馬・中岡慎太郎遭難の地(碑) ↓
場所:四条河原町から数分上ル西側
龍馬が下宿していた醤油商近江屋の跡地で、暗殺された所。今はコンビニですよ。でも説明の立て札は立ってるのね。繁華街のど真ん中~。Ryouma12

■中岡慎太郎寓居の地(碑) ↓
場所:四条河原町から数分上ル東側
当時菊屋という古本屋で、中岡慎太郎が京都での拠点にしていた所。近江屋跡のはす向かいで河原町通り沿い。今はあぶらとり紙の専門店。龍馬のあぶらとり紙も売ってた。なかなかの祭り具合。Ryouma13

↓ 居酒屋 龍馬はなの舞
こんな店、前はなかったよ~。「海鮮と軍鶏料理」だって。確か龍馬は、好物の軍鶏鍋を食べることなく死んだんだよね。そら、みんな!どんどん軍鶏を食うがイイさ!これぞ祭り!上記あぶらとり紙屋から北へ数分行った所。Ryouma14

てな具合に関連地を巡ってきました。写真はないけど、電車の中刷り広告で龍馬巡りをアピールしてたりとか、京都駅に福山のB全ポスターが貼られてたりとかで、今年は『龍馬』な京都です。そうそう、気付かれた方もいると思いますが『寺田屋』はちょっと離れてるので今回は行けませんでした。ということは、ですよ。上記は割りと近いってことなのですよ。今はこんな繁華街でも約150年前にはタイヘンなことが起こっていたんだなぁ~。京都へ行かれた際には龍馬巡りもいいかも。

<予告>
近々、墓マイラー関連での告知記事を数件アップしまーす。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/02/03

沖縄ひとり旅 備忘録

先日ふと思い立って沖縄にぶらり一人旅に行ってきました~。
実は、すごく行きたかった訳でもなく、用事があった訳でもなかったのですが、こーゆーのご縁て言うんでしょーか、思いついちゃったし、今なら行ける~と思って航空券を調べたら、実家の京都に帰省するより安いじゃないですか。思わずポチッと買っちゃいまして…どんだけ気まま!って自分でも思うけど、大義名分としては、この時期、ファンであるどんとの命日10周年のイベントを沖縄でやるということと、だったら墓マイラーとして見聞を広めてこようか、というのが背中を押してくれた感じかな。

東京を出る前に、知り合いに色々教えてもらったり紹介してもらったりして、結果、すごく身になる旅に、勉強になりましたね~。なっちゃいましたね~。なっちゃうもんですね~。わーお。
観光としての外側からの楽しみじゃなくて、地元の人や旅人同士と大切なキモチで触れ合えた瞬間、まさに“一期一会”のココロを肌身で感じましたよ。わお、わーお!
旅日記は別で書くとして、忘れないうちに周ったところだけでも記録しておこうかと。備忘録です、ハイ。

■2010年1/26日(火)
那覇空港
 ↓ ゆいレール(230円)
県庁前駅
 ↓
ホテルタイラ【松山】
 ↓
山田写真機店【久米】
 ↓
<食>ジャッキーステーキハウス【旭橋】
 ↓
国際通り
 ↓
ホテルタイラ(シングル素泊まり3150円、朝食付3990円)

■1/27日(水)
那覇バスターミナル【旭橋】
 ↓ バス38番(1時間、810円)
斎場御嶽(せーふぁーうたき)※世界遺産
 ↓ タクシー(1500円程)
<食>山の茶屋 楽水【南城市・玉城】
 ↓
どんと院【南城市・玉城】
 ↓
ホテルサンライズ知念【南城市・知念】(ツインのシングルユース朝食付7350円)

■1/28(木)
知念岬公園
 ↓
安座真(あざま)港【南城市・知念】
 ↓ フェリー(20分、往復1410円)
久高島(くだかじま)※琉球神話の神の島
 ↓ 高速フェリー(15分)
安座真(あざま)港
 ↓ バス38番(1時間、780円?)
那覇バスターミナル
 ↓
<食>沖縄家庭料理みかど【松山、58号線沿】
 ↓
ホテルタイラ

■1/29(金)
<紹介してもらった現地の人に1日車を出してもらう>
糸満漁港【糸満】
 ↓
幸地腹門中墓(こうちばらむんちゅうばか)【糸満】
 ↓
山城腹門中墓【糸満】※南山王の墓?
 ↓
一般の亀甲墓(かめこうばか)【糸満】
 ↓
魂魄(こんぱく)の塔【糸満】
 ↓
平和の礎(いしじ)【糸満】
 ↓
金城ダム【那覇市】
 ↓
識名園【首里近く】※世界遺産
 ↓
識名霊園
 ↓
浦添ようどれ【浦添】 ※中山王の墓
 ↓
伊波普猷(いはふゆう)の墓【浦添】
 ↓
一般の亀甲墓(かめこうばか)【宜野湾】
 ↓
<食>宜野湾の限定てびちそば【宜野湾】
 ↓
山田写真機店
 ↓
国際通り
 ↓
ホテルタイラ

■1/30(土)
美栄橋駅
 ↓ ゆいレール(260円)
首里駅
 ↓ 徒歩20分
<食>御殿山(うどぅんやま)【首里】
 ↓ バス46番(150円?)
首里城 ※世界遺産
 ↓
園比屋武御嶽(そのひゃんうたき) ※世界遺産
 ↓
玉陵(たまうどぅん) ※世界遺産
 ↓ 徒歩20分
儀保駅
 ↓ バス(220円?)
上之屋駅
 ↓
泊大橋付近の墓地+外人墓地(俗称ウランダ墓)【泊】
 ↓
<食>ハイウェイ食堂【前島、58号線沿】
 ↓
牧志公設市場【牧志】
 ↓
壺屋やちむん通り【壺屋】
 ↓
国際通り
 ↓
<食>なかや食堂【久茂地】
 ↓
ホテルタイラ

■1/31(日)
辻町の墓地【辻】 ※遊郭跡の遊女を祭る
 ↓
波上宮(なみのうえぐう)【波之上】
 ↓
那覇空港

<航空券 往復 22000円>

こうやって書いて分かったけど、世界遺産を5つも周ってました。知らなかった~。というかね、誰かが“遺産”と指定してもしなくても、そこには大切な文化があるんですよ。もちろんその文化は調べていったさ。ってことで。いやしかし毎日もう足がクタクタで、買い置きのオリオンビールを飲む気力もないくらいでした。あ、結果的には飲んだんですけど。ワンカップ泡盛も。
道中メモったこと、現地の人に聞いたことなどを、後日日記に書きたいと思いまーす。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »