« 読売新聞に『墓マイラー』紹介 | トップページ | 『プレジデント 50+』で都内5大霊園を紹介してます »

2010/03/16

『お墓日和』イベント終了

3/14(土)のイベント、『お墓日和 vol.1 ~墓マイラーたちと美墓デザインの世界~』が無事終了しました~♪
お客さんも100人ほど入り、会場はほぼ満員。4人のパネラーが怒涛のごとくスクリーンで色んなお墓を紹介するという、かつてないピンポイントに濃いイベントとなりました。お店側からも“大成功”と言って頂き、ゆくゆくは第二回もありそうです。

↓左から、司会のテリー植田さん、あきやまみみこ、カジポン・マルコ・残月さん、ペトロ・ホリーさん。

100313_ohakabiyori_02

私は4人のパネラーのうちの一人として、トップバッターで登場。都内の著名人のお墓を中心に、変わりどころでは高野山の企業モノなんかを紹介させていただきました。まぁ、“なんじゃこりゃ?”っていう変わった墓碑がたくさんあるんですよ。自分でも興味津々の部分。これがナカナカ評判でした。せっかくの機会だからと和装で行ったのですが、普段この格好でお墓参りしてるわけではありません。(笑)

2人目のパネラーは、チェコセンター所長でもあるペトロ・ホリーさん。チェコのお墓の紹介や、チェコと日本のお墓でつながる意外なデザインとかとか、興味深かったです。ホリーさんは、江戸川乱歩をチェコ語に訳してたりとか、日本語で四谷怪談が語れたり、歌舞伎の研究をされてたり、「雨の日の寺山修二のお墓が良い」と言うような超シブイ感性の博学な方でした。またご一緒できたらいいなぁー。

3人目のパネラーは石材店でもある株式会社大塚の大塚崇行社長。幻冬舎『美墓』より、デザインがすごいお墓を紹介されました。注目すべきは、最近は素材が様々になってきたこと。石だけじゃなく、ガラス、ステンレスとかまである。自由。自由になったら自分は何をどうするか?考えておいたほうがいい、と思った瞬間だった。

4人目トリは、堂々墓マイラー暦23年!カジポン・マルコ・残月さんのプレゼン。カジポンさんは、世界中をまわっておられるので、とにかく量が多く、エピソードも満載、話の勢いもテンポもすごく、何よりも熱い想いに圧倒され、感服しましたよ。だって南極まで行ってるんですよ。ご本人も「ちょっとしたヘンタイです。でも自覚してます。」と語ってましたが、ホントおもしろかったです!笑いながら見られるお墓、というのもなかなかオツなもんじゃないでしょうか?

100313_ohakabiyori_01

人生の末に必ず誰もが行き当たる『お墓』。お墓を前にすると、どんな偉人もどんな犯罪人も『死』は平等に訪れるんだな、と再実感。そのぶん『生』も平等なんだと、“今”生きている私自身を再実感できた瞬間でもありました。

そんなこんなで、今度カジポンさんが東京に来られる際に、一緒に墓マイラーしようというお話も出ています。きっとタモリ倶楽部並みの珍道中になるはず。各社取材したいところがありましたら是非。そのまま特集記事にできますよ(たぶん)。5月頃の予定で~す。

|

« 読売新聞に『墓マイラー』紹介 | トップページ | 『プレジデント 50+』で都内5大霊園を紹介してます »

コメント

しゃしんぼけぼけやねえ。ふかくちんしゃいたします。こんどはちがうかめらにしておくんなまし。

投稿: はらまきおやじ | 2010/03/16 20:11

いえいえ、撮っていただいただけありがたい!
あのカメラは私にしかなつかんのですよ。フフフ。
他は重い一眼レフか、トイカメラしかないですわ~。(極端)

投稿: mimico | 2010/03/17 23:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『お墓日和』イベント終了:

« 読売新聞に『墓マイラー』紹介 | トップページ | 『プレジデント 50+』で都内5大霊園を紹介してます »