« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010/10/30

ラジオ出演します

墓マイラーのお話で、ラジオ2本に出ます。

10/30(土)17:00〜17:54。(たぶん前半)
FM81.3 J-WAVE、『東京REMIX族』(山田五郎&しょこたん)
※東京近郊

11/1(月) AM7:30〜40頃
BAY FM 『デリナビ
※千葉近郊

圏内の人は聞いてみてね。

快感!発見!有名人のお墓トラベル Book 快感!発見!有名人のお墓トラベル

販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『観○光2010』展

しりあがり寿さんのアニメーションのお手伝いをしました。
搬入・設置までやってきました。
昨日より始まっています。

Kanhikari2010_2

↑ 場所は京都・二条城。「大政奉還」が実際行われた場所で、しりあがり流「大政奉還」の展示。洒落てる!ゆるいアニメの映像インスタレーション。
一番奥のモニターに将軍が鎮座している。

Kanhikari2010_3

↑ 奥から見ると、40人の藩主が将軍に向かって整列している。それぞれ色んな動きをしていて笑える。

11/7までやってるので、是非どうぞ。

■『観◎光 2010』序破急 その二 【破】

※しりあがり寿は二条城・台所での展示
二条城 2010年10月28日(木)〜11月7日(日) 9:00〜16:45
入場料:二条城・台所 展示については無料 (別途入城料として一般600円がかかります)
二条城 参加作家:麻田脩二/磯部茂樹/榎俊幸/大沼憲昭/加賀城健/梶本博司/しりあがり寿/染谷聡/髙見晴惠/富田文隆/中堀慎治/西嶋豊彦/塙冨士雄/藤井勘圿/麻殖生素子/J・ムーサス/武蔵篤彦/山内隆/ヤン・シャオミン/米原新三(敬称略)

他にも、清水寺、泉涌寺、圓通寺で同時開催します。

詳しくはコチラ オフィシャルページへ →

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/26

新刊『有名人のお墓トラベル』発売!

Jacket

お墓の新刊が出ました。
『有名人のお墓トラベル』(幻冬舎)1,300円(税別) →Amazonで確認

私は監修という立場ながら、写真・イラスト・コラム・ワンポイント原稿など、担当させていただきました。
この夏かかりっきりで、ようやく仕上がったこの本、そろそろ本屋に並ぶ頃かと思います。

帯文はなんと、ゲゲゲの水木しげる先生!水木さんもよくお墓散歩をなさるそうです。
小さい頃から慣れ親しんだ水木漫画。ガロに載ってたヤツなんかも大好きです。
そんな水木さんに帯をいただきたいと思いついた時は、目まいのするような高揚感が走り、イヤイヤそんな大それた…と心が行ったり来たりしながらも、ダメもとでも…と心を込めてお手紙を半日かけて慣れない手書きで一生懸命書きました。

“先生の妖怪もそうですが、「目に見えないもの」を現代に取り戻すことこそが、人々の生活を豊かにするものと信じています。”
そのようなことを手紙に書いたと思います。
お墓の場合は、“故人を敬う心”でしょうか。

結果、帯文が届いたときは…お箸を落としそうになりましたよ。いや、PC前だったからマウスか。とにかく感激して、手先までしびれ、1分くらいポカーンとしてしまいました。(笑)

そしてこれが帯文です。
「墓場ってのは、じっとしていると気持ちが通ずるのであろう。言葉にはならないが墓の主と会話しているような気分が得られる。 水木しげる」

そうですよね〜。思わず頷きました。

本の内容も充実してます。
夏目漱石、太宰治、芥川龍之介などの作家、
岡本太郎、竹久夢二などの芸術家、
石原裕次郎、美空ひばり、三船敏郎などの大スター、
坂本龍馬、沖田総司などの武人、
織田信長、豊臣秀吉などの武将(高野山)、
ベートーヴェン、ジェームス・ディーンなどの海外…などなどの章に分かれ、
お墓写真と略歴、ワンポイントが見やすく紹介されています。
加えて、お墓の基礎知識の章や、霊園マップのオマケもあり、決定版的な充実です。
この道の先駆者、カジポンさんとの夏目漱石ゆかりの地めぐりのコーナーや、対談などもありますよ。

有名人のお墓めぐりは「掃苔(そうたい)」と言って、江戸時代の昔からある、文人の酔狂で風流な趣味なんだそうです。
そんな文化にこの本で触れてみるのはいかがでしょう?

※お墓にお参りするときはマナーを守りましょう。

告知:ラジオに出演します。
FM81.3 J-WAVE、『東京REMIX族』(山田五郎&しょこたん)
10/30(土)17:00〜17:54。(たぶん前半)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/10/10

『墓マイラー列伝』@東京カルカル 終了

本日は、お台場での墓マイラーイベントに出演してきました。

R0016829

まず、私あきやまみみこからスタート。
「お墓めぐりの旅」ということで、旅するように様々なお墓を巡っている情景を中心に写真で紹介。
ちょっと遠出では、鎌倉や、奈良の箸墓古墳、沖縄のおおおきなお墓や遊女のお墓などを紹介させていただきました。
個人的には、最後のオマケでやった「こんなお墓ありえない?」のコーナーが好きかな。ちょっとしたお墓のデザイン画を描いて、プロの石材業者の方に見てもらうというもの。以下の3点を出しました。

Ohaka_mitsumori_1

Ohaka_mitsumori_2

Ohaka_mitsumori_3

ちょっと夢ありすぎですか…?まあ、想像なんで許してやってください。
判定は「見積もりできません。というか、これは値段のつけられないものですね…」と。そりゃそうだ!
お墓ってみんなの集う場所だし、くつろげるといいなと思って考えたらこうなったんですが、結構考えるの楽しいですよ。

2番バッターは、小嶋独観さん。瀬戸内海の小島の、小屋が密集したような墓地や、土葬文化を見せてくれました。
中でも京都や青森のお墓の墓場(!)、が印象的。必要なくなった墓石を集めて供養している場所があるんですね。その整然とした眺めや、お墓で作った仏像は驚くべき!

3番は、大塚石材から大塚社長。プロの観点で、お墓の建て方をレクチャーしてくださいました。
これからためになる情報ばかりで、思わずメモ取りましたよ。

トリはカジポン・マルコ・残月さん。大阪から始発の新幹線でいらして、東京に着いてからひとお参りしたのち会場入りされました。やはり「墓マイラー」の名付け親は違う!
今まで1300人くらい巡ったカジポンさんが選ぶ「有名人の墓ベスト100」を一挙公開してくれました。これがもう…スゴイ!汗かきながらのマシンガントークは、情熱をひしひしと感じさせてくれました。エピソードも面白い!さすがです。

そんなこんなで怒涛の2時間半。
今回も熱かった…!
そして、お墓めぐりっていうは文化に触れることなんだなー、と改めて思いました。

ご来場いただいた方、どうもありがとうございました。
またこれを機会にお墓に行かれる方は、故人を敬う気持ちを忘れないでマナーを守ってお参りしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »