« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012/12/05

年始恒例「さるフェス'13」開催!

Sarufes13_omote

しりあがり寿×天野天街×ロックフェスティバル! 三たび!!!
毎年1月、新宿LOFTで大好評を得ている「さるハゲロックフェス」が来年も開催されます!
今回のテーマは「今夜は不老不死」!
長丁場のイベントですが、今回から再入場可!
なんだか、プレミアム前売りチケットってヤツが限定100枚で販売されてるそうだよ!
12/1〜チケット発売です。どうぞ前売を買って遊びにきてね!

■「しりあがり寿presents 新春!
(有)さるハゲロックフェスティバル’13」
日時:2013年1月19(土)
   15:30開場 16:00開演 27:00頃終演
場所:新宿ロフト
   東京都新宿区歌舞伎町1丁目12−9 タテハナビルB2 TEL:03-5272-0382
チケット:前売3500円 当日3800円 おまけ付きプレミアム前売チケット4000円 (+ワンドリンク500円)
     12/1(土)チケット発売!
     新宿ロフト店頭/03-5272-0382 ※予約:会員登録必須(有料)
     チケット問い合わせ:新宿ロフト 03−5272−0382
     プレミアムチケット問い合わせ : premium@saruhage.com ※件名に【お問い合わせ】と、ご記載下さい
出演者(50音順、予定):
会田誠、あがた森魚、安斎肇、echo-U-nite(谷口マルタ正明,ライオンメリイ,坂本弘道,滝本晃司,松本正)、エスエフ(キャプテンミライ,野本かりあ)、岡大介、小野瀬雅生、顔田顔彦、加藤千晶とガッタントンリズム、水母ボーダーズ、グレート小鹿と大日本プロレス、御当地アイドル‼キンジョリーナ♡、サイモンガー・モバイル(with嫁モバイル)、ザ・ペンフレンドクラブ、少年王者館、ジョニー大蔵大臣、スリーメン、知久寿焼、剛連合、電気ミロンガ、東陽片岡+宮本千愛、ネンディのぐお、パスカルズ、バナナシスターズ、BANK、パンチの効いたブルース(長見順,かわいしのぶ,GRACE)、ファンシートラックス、BLACK KILLER、まじまんが、万座ロック、三浦カズー(戸田誠司,鈴木さえ子,矢口博靖,Language,他)、ムーンシャドウ、ヤギハギ、LASTORDERZ(田口トモロヲ,森若香織,淡谷三治,小野かほり,DEN)、和久田理人、他。

※タイムテーブルは、オフィシャルホームページで発表されます。

詳しくはオフィシャルサイトをご覧下さい →

今回もチラシデザインのお手伝いをさせてもらいました。
メインのアートワークは天野天街さんで、さるのイラストはしりあがり寿さんです。
↓ こちらは裏面。

Sarufes2013_ura


↓ そして我々「バナナシスターズ」はレトロ楽隊として出演します。

Bananasisters2013_2

ミミー(あきやま みみこ):Vo.、カズー、アンデス25f
ジーノ(藤野智士):Vo.、カズー、ヴァイオリン
ミリー(まつもと みみり):Vo.、カズー、ウクレレ

年に一回の発表会みたいな感じになってますが(笑)、どーぞ温かい目でご覧下さいマセ♪
楽しいカンジでネ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金時山に登ったよ

さるハゲワンゲル部、今年最後の登山は金時山でした。(2012年11月10日(土))

新宿7:30発の小田急高速バスを予約して乗る。休日とあってか、補助席まで満席!当日で断られるお客さんも。予約は必要なんだね。
バスで2時間の予定が、高速が渋滞で1時間強の遅れ。
11:00前、やっと乙女峠バス停に着き、電車チームと合流。
今回は、4歳の子供を含む、計8人。

↓ 金太郎と相撲を取ってる熊の銅像が。金時山はそういういわれの山なんだなぁ。

01
↓ 11:25 登山開始! 秋晴れ!
秋で日が落ちるのが早いので、この時間から登って大丈夫かちょっと心配。

R0022625
↓ 日が差して、も〜すんごく キモちEー!

R0022634
↓ 木立の中、空気もひんやり、でも太陽あったか、心さわやかー。

R0022638
↓ 途中、こんな看板があったかと思うと…

R0022652
↓ 展望台から富士山がまる見え〜!!
うわー! キレーイ! でかーい! オレらの富士山!(笑)
テンションあがるぅ〜! イエーイ イエーイ!

R0022656
↓ 少し行くと、今度は箱根側がまる見え! いい景色だわぁー。
寒いかも、と予想してたけど、ポカポカ暑くなってきて汗をかく。太陽の恵み。

R0022661
↓ 山は紅葉の季節。ところどころ黄色くなってたり…

R0022671
↓ 紅くなってたり…

R0022688
↓ 野アザミが咲いてたり。
秋の山は空気に透明感があって、生き返るキモチで深呼吸。

R0022680
↓ これ、リンドウ? 
「民さんは野菊のような人だ」「政夫さんはリンドウのような人よ」
…こんなところで松田聖子のおでこを思い出したくないのだが。

R0022818↓ 所々で景色が開けて、ふもとが見える。

R0022695
↓ 木々の合間から富士山! イエ〜イ!

R0022702
↓ と思えば、箱根側は芦ノ湖が遠くに。

R0022713
↓ そんなこんなで頂上が見えてきたーッ! 人が多いなぁ。

R0022735
↓ 13:30 頂上到着。我々にしては上出来なペース。
座る所なんか全然無いくらい、人でごったがえしていた。
富士山が大きく見える!

R0022765
↓ 皆で記念撮影。この撮影場所は10分くらいの待ち行列ができていた。

02
↓ 反対側は、横浜側かな。遠くに海(?)が見えた。

R0022780
↓ これが有名な「金時娘」のいる金時茶屋。
バッヂを買ったら、推定80歳くらいの三つ編みの金時娘さんに「初めて? 地図をあげるわ」と親切にしてもらったよ♪

R0022760↓ 景色の良いそこらへんの岩に座って、持ってきた昼食を食べたら出発。

R0022741


↓ 14:30 下り始める。羽ばたいて飛んで行けそうなくらい開けてる。

R0022801
↓ 変化に富んだコースで飽きない。

R0022821
↓ 金太郎が山姥と住んでた(?)という「金太郎宿り石」。
パッカーンと2つに割れてる。

R0022845
↓ 16:00 公時神社着。ここで登山は終了〜。

03

↓ 振り返ると夕日で山が赤い。
ハイジ曰く「おじいさん、山が真っ赤にもえてる!」てヤツだ! ペ〜タ〜!

R0022866
↓ 16:30頃 バスに乗って箱根湯本まで1時間強。道が混んでた…。
バスに乗ってるうちに、みるみる真っ暗闇に。コワ〜。
湯本の富士屋ホテルで日帰り入浴、併設の居酒屋でカンパイ! うまい!
そして電車で帰途へ。お疲れさまでした!

R0022892
<金時山登山を終えて>
もう、登山は秋に限る、と思ったね!
なんだろう、湿度と温度の違いかな? 夏前よりだんぜん秋がイイ!
実際の疲弊度が全然違うし、疲れよりもウキウキが勝つから。
私は楽しくないと登れないんだなぁ。小学生の遠足くらいの気軽さも良かった。
今までのさるハゲワンゲル部の中でも、一番楽しかった!

途中すれ違う登山客の人々と「こんにちはー」って挨拶するんだけど
しりあがりさんの漫画「O・SHI・GO・TO」の中の「おんがらやーす」とか「ぷしゅうぅぅぅ」みたいなテキトーな挨拶にあたる、山バージョンはなんだろう、って考えたのね。

それで編み出したのが「ぬあ〜」。

前の人の「こんにちはー」に紛れて「ぬあ〜」って言うと、向こうも「こんにちはー」って返してくれた! イケる! 難は笑ってしまわないように気をつけるだけ。
私は最後まで「ぬあ〜」で通しました。(笑)

さて、来年はいよいよ日本アルプスか?

<金時山データ>
標高:1,213m
出発点標高:800m
到着点標高:700m
登り標高差:413m
下り標高差:513m

Oshigoto

O・SHI・GO・TO
著:しりあがり寿
amazonで見る →

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »